人間ドックと医療機関の関係

人間ドックは医療機関に併設された施設で行われることが多かったのですが、現在では人間ドック専門の医療施設も増えており、中にはホテル並みに宿泊施設まで用意された医療施設も増えています。


人間ドックは健康保険は利用できない事が多く、コスト面で不利ですが、各種疾患を早期発見できれば治療費が少なくてすみ、また、治療後の延命率も高いこともあり、健康保険組合や会社によっては人間ドックに補助を出す場合も多いようです。

人間ドックに利用される頸動脈超音波の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

人間ドックでは治療は行いませんが、疾患発見時には各種医療機関と連携して治療に当たることになります。



医療機関との連携については地元の医療機関と連携されることが多いですが、地元の医療機関からはドックの患者の治療以外に医療機関で治療を受けている患者の検査を依頼されることも増えています。
検査器械は大変高価であり、また、検査機器を使える技師の確保も大変です。

そのため、医療機関の多くは検査を外部委託することが一般的となっており、ドック専門の検査機関との連携も進んで言います。



また、検査機関においても疾患を発見した際、スムーズに再検査と治療が進められることは大変なメリットと言えます。

患者にとっては疾患を発見したら終わりということはなく、疾患の発見は治療のスタートとなりますので医療機関と検査機関の連携は頼もしく、また、効率的な治療を受けられることもありメリットが大変大きいものとなりますので検査機関を選ぶ際は医療機関との連携もチェックしておくとよいです。